ホーム > 太陽光発電システム

補助金制度を活用して住宅用太陽光発電システムを設置しませんか?

始まっています。電気を屋根の上でつくるECOな暮らし方。太陽光発電補助金制度受付開始!

住宅用太陽光発電の仕組み

太陽電池で発電した電力を、家庭で利用するシステムです。

屋根の有効スペースを利用して、モジュールを取り付け太陽光エネルギーを電気に変換し、パワーコンディショナで直流電流を交流電流に変えて家庭内で使用します。

住宅用太陽光発電の説明図

太陽光発電の特徴とメリット

発電規模・設置面積等の点で、最も期待されています。

化石エネルギーに代わる新エネルギーの実用化がすすんでいます。その中で現在いちばん有力なエネルギー太陽光発電です。
太陽光発電は環境に優しいだけでなく、家中で使う光熱費を大幅に下げる事が可能で、年間を通して家計の負担を助ける事になります。

太陽光発電のメリット説明図

環境や省エネに対する家族の意識が高まります。

「太陽光発電を設置してから、家族の中で省エネに対する意識が高まりました。」
多くのお客様からいただくご意見です。
リアルタイムで電気の使用状況が分かる「カラー電力モニター」を使って、月々の目標に向けて頑張れたり、ご家族の中で自然と電気の話題も増え結果的に電気代が節約できたという方も多くらっしゃいます。

カラー電力モニターの画像

発電した電気を使えて、余った電力は売電もできる!

昼間発電した電気は、ご家庭の電力として使う事が出来ます。
しかも使用しても余った電気は電力会社に売ることが可能。面倒な手続きや作業は一切不要です。毎月、電力会社より売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。

夜間は発電できないため、電力会社から買電(電気を購入)します。その際、夜間の電気代を安くする時間帯別電灯契約を利用すれば、さらに効率的に電気代を節約することができます。

売電・買電説明図

お客様と直結システム

顧客大満足を目指す、カワムラならではの体制。

カワムラは確かな品質を世界に認められている「パナソニック・シャープ・三菱」と特約をむすび、営業から施工、アフターまですべて当社スタッフが行う「完全自社施工」で中間マージンや手数料などを一切排除した、お客様最優先のシステムを構築しています。

一般的に多い工事システムとカワムラの工事システムの比較

補助金制度

一般住宅への太陽光発電システム設置を国が支援いたします。

募集期間 2013年4月17日(水)~ 2014年3月31日(月)
補助金額

補助対象となるシステムの金額によって補助金単価が異なります

1kW当たりの補助対象経費(税別) 1kW当たりの補助金単価
2万円を超えて41万円以下 2万円
41万円を超えて50万円以下 1.5万円

例えば、公称最大出力が4kwのシステムで補助対象経費(税別)が500,000円の場合、1.5万円/kW×4kW=6万円となります。

対象者
  • 住宅として使用する建物に対象システムを新たに設置する個人、法人または管理者で電灯契約していること
  • 個人の場合はCO2排出削減事業へ参加すること
対象システム

以下の要件を満たすことを条件とする

  1. 低圧配電線と逆潮流有りで連系すること。
  2. 太陽電池モジュールの交称最大出力の合計値、またはパワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれかが、10kW未満であること。
  3. PECにより、登録されているシステムであること。
  4. 太陽電池モジュール・パワーコンディショナは未使用であること。
補助対象経費 補助対象となる経費の範囲は以下の通り
太陽電池モジュール、架台、インバータ、接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器、設置工事係わる費用(配線・配線器具の購入、電気工事等含む)

余剰電力買い取り制度

電力会社が10年間倍額で買い取ります。

経済産業省は、家庭での太陽光発電装置で発電した電気を、電力会社で約10年間、買い取り価格を現在の倍額にする制度を導入する事を発表しました。

太陽光発電買い取りの新聞記事

導入までの流れ

親切、丁寧、スピーディーな対応をお約束します。

導入までの流れの説明(お問い合わせ→現地調査・図面確認→ご提案→ご契約→補助金の申請手続き→施工・完成・お引き渡し)

サポート体制

設置した後も安心のアフター体制を万全に整えています。

お客様の太陽光発電ライフをしっかりとサポートします。

安心の10年保証! 保証書発行の流れ

よくある質問

太陽光発電の情報によく出てくるkW(キロワット)とkWh(キロワットアワー)の違いは何ですか?

kWとは瞬時の発電電力を示し、”kWh”とは1時間あたりの発電電力量または、ある時間帯や1日等の消費または発電電力の時間積算値を示します。
例えば5kW発電を4時間続けた場合、5×4=20kWhの発電電力量となります。

太陽光発電を設置できる屋根は南向きだけでしょうか?

南向きの屋根だけとは限りません。東向きの場合でも、西向きの場合でも設置は可能となります。
しかし、発電量に差がでてきますので、方角をしっかりと確かめて、設置をしてください。

夜はどのように発電するのでしょうか?

夜についてですが、現時点では発電は行わず、電力会社から電力を利用することになります。
しかし、昼間に発電をし、余った電力を電力会社に売りますので、ご利用の料金は安く使用することができます。

太陽光発電でつくるのはお湯?

いいえ、違います。電気をつくります。
太陽エネルギーの利用方法には、大きく分けて2種類あります。一つが、太陽の熱を集めて給湯や暖房に利用する「太陽熱利用」。太陽熱温水器などがよく知られていますね。
もう一つが、太陽の光で電気をつくる「太陽光発電」です。太陽光発電は、自宅の屋根などに太陽電池を設置し、太陽光を電気エネルギーに変えて発電します。
発電した電気は、家庭の電力として、照明機器や家電製品などに使うことができます。

曇りや雨の日は、電気が使えなくなるの?

いいえ、電気はいつでも使えます。
太陽が出ていれば発電しますが、曇るとあまり発電できなくなります。そういった時は、不足分の電気を電力会社から買って使います。
ですから、曇っていても雨が降っていても、電気が使えなくなることはありません。

太陽光発電で、家庭で使う電気を全部まかなえる?

3kWシステムなら、55%程度まかなえる計算です。
太陽電池容量 1kWシステム当たりの年間発電量は約1,000kWh(※1)。
一世帯当たりの年間総消費電力量は5,500kWh/年なので(※2)、3kWシステムを設置すれば、55%程度を太陽光発電でまかなえる計算になります。
※1.東京地区で太陽電池を水平に対して30度傾け、真南に向けて設置した場合の計算例です。地域や太陽電池の方位、傾斜角度により発電量が変わります。
※2.省エネルギーセンターホームページ

設置するのにいくらかかる?

太陽光発電システムを設置するには、機器一式、設置架台、電気・設置工事費等の費用がかかります。
これらの費用は、設置条件(新築,既築)やモジュールのタイプ(屋根置き型,屋根材型)、あるいは屋根材の種類や形状、面積などによって異なりますので、お問い合わせください。

機器の寿命は?

太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10~15年と言われています。
表面が強化ガラスで保護されているモジュールの場合、寿命は20年以上と言われています。
また、太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システムに比べて長寿命でメンテナンスも簡単です。
「ホコリが付いて、発電能力が落ちるのでは?」との懸念もありますが、たいていの場合、汚れは雨によって自然に流れます。何年かに一度、業者に定期点検を依頼すれば安心ですね。
なお、パワーコンディショナは10~15年が寿命と言われているので、設置後10年に一度点検し、必要に応じて取り替えて下さい。

太陽光発電システムは新築の時しか設置できないのか?

新築される時でも、現在お住まいになっている住宅にも設置することができます。

工事の流れ

安全を確保したスピーディーな設置工事。

内線(電気工事)経路の確認、太陽電池・パワーコンディショナ・リモコン・売電メーター取り付け位置の確認後取り付け工事がスタートします。

電気工事も平行して行ない、施工は1~2日で終わります。(現場により異なります)
施工完了後、太陽光発電システムが電力会社の系統と接続され、運転開始となります。

工事の流れ説明図

発電量と全国の年間予測発電電力量

日射量と発電量の全国の地域差は、最大でも20%程度です。

NEDO全国日射関連データマップの日射量データ(1961~1990年までの平均)を用いて算出しております。
気象条件・立地条件・設置条件などの諸条件により、実際の発電電力量とは異なる場合があります。

全国での年間予測発電電力量

※4.28kWシステム(南面設置、傾斜角:30°)での予測発電電力量です。
※損失/パワーコンディショナ(接続箱機能を含む)による損失……7%
素子温度上昇による損失(12~2月)……10%
素子温度上昇による損失(3~5月、9~11月)……15% 素子温度上昇による損失(5~8月)……20%
その他の損失(配線、受光面の汚れによる損失等)……5%
※電力料金換算とは、年間予測発電電力量を各電力会社の2008年4月現在の従量電灯契約2段目料金にて算出したものです。売電電力料金とは異なります。

寒い気候の地域こそ太陽光発電に適しているのです。

相対出力とモジュール温度のグラフ

お問い合わせ・お申し込みは、株式会社共和建設 0135-73-2316
または、お問い合わせ からお気軽にご連絡ください。

▲トップへ


ナビゲーション

  • 太陽光発電の仕組み
  • 特徴とメリット
  • 直結システム
  • 補助金制度
  • 買い取り制度
  • 導入までの流れ
  • サポート体制
  • よくある質問
  • 工事の流れ
  • 発電量

お問い合わせ

資料請求

スマートハウス(太陽光発電・風力発電・家庭用蓄電池)

長期優良住宅仕様 eplant (イープラント) 太陽光発電・収入型住宅

カロールプレミアム ローコスト。でも高品質。